• 初心者のための用語集

初心者のための用語集

なるべくわかりやすく書いているつもりですが、わからない場合はググってくださいね。(ググる=グーグルなどの検索エンジンで調べること)

 

インデックス
インデックスとはインターネット上の検索エンジンであるグーグルやヤフーの検索エンジンに登録されること。あるいは認知されること。
作ったサイトやページはこのインデックスをされることによって、はじめて検索エンジンでひっかかってくるようになり、この世に存在している(=人に見られている)サイトとなるのであります。

 

クローラー
クローラーとはグーグルなどの検索エンジンのロボットが巡回してくること。またはその巡回自体のこと。このクローラーが自分のサイトやページに来てくれることによって、グーグルなどに存在を認識してもらうことができます。

 

アンカーテキスト
SEO対策の1つである外部リンクの際に、リンクするキーワードのこと。例えば、LFMアフィリエイト←のような場合であればアンカーテキストは”LFMアフィリエイト”になります。
このアンカーテキストを指定してリンクすることによってそのキーワードで上位表示されやすいとされてきていました。(今はそれだけともいえない状況ですが。)

 

中古ドメイン
その名のとおり、中古のドメインのこと。オールドドメインともいう。以前誰かがそのドメインを使ってサイト運営をしていたけれどもなにがしかの理由でやめてしまい、捨てられてしまったようなドメインのこと。そういった以前誰かが使っていたというような歴史のあるようなドメインを使うことによって、SEOが上位表示されやすく、あがりやすいということでアフィリエイターはよく中古ドメインを使ったりする。最近はそうでもないかも??
中古ドメインツールについてはこちら
中古ドメインで有名なザンワーズ太田さんについてはこちら

 

日本語ドメイン
その名のとおり、日本語のドメインのこと。SEOであげたいキーワードで日本語ドメインをとり、SEOをかけていくと上位表示しやすい傾向にあります。しかし、その逆で、アップデートなどにより圏外に飛ばされることもあります。

 

.COM
.COMはドットコムと呼ばれ、世界でもっとも使われているジェネリックトップドメインの一つです。
商用を表すCommercialの略で、1985年から使用が始まりました。
用途は商用といわれていますが、あくまで目安であり、あまり意識して使われていることはありません。
そのため、商用ではないところが使うことは珍しくないのです。
また、安価で取得できることから、迷惑メールの発信元としても利用されてしまっています。

 

.JP
.JPとは日本の企業に多く用いられる独自ドメインです。ただ、今のご時世個人でも簡単に独自ドメインが取得できる時代です。なので、必ずしも.jpのドメインが日本の企業のページとは限らないです。
.jpのドメインは検索による表示が優遇されることが多く人気のドメインの1つです。その代わりに個人で取得するには高価な場合が多いです。一種のブランドドメインと思ってもらっていいです。
ブログやホームページを運営する人にとっていつか取得してみたいドメインです。

 

.NET
Microsoft社が2000年6月に発表した将来的な構想のひとつ。PCや携帯電話、当時はPDAといわれていたスマートフォンなどをいつでもどこでもインターネットを介して連携させようというもの。技術的にはSOAPベースの通信でXML形式のデータをやりとりすることが構想されていた。
この構想については後で放棄されたが、その時にアプリケーション開発用として作成された.NETFrameworkの中にその名を留めている。

 

.ORG
.ORGとはジェネリックトップレベルドメイン(gTLD)の種類の一つのことで、非営利団体を表すOrganizationを縮めたドップレベルドメインとなります。
そのドメインが表す通り非営利団体向けに取得されるドメインを意識して制定されましたが、gTLDドメイン取得には団体の種別による制限がないため、実際にはそれほど意識されることなく誰でも自由に取得することが可能になっています。しかしながら伝統的に個人や非営利団体、オープンソースプロジェクトなどでの利用が多いドメインとなっています。

 

301リダイレクト
301リダイレクトとはホームページなどのURLを変更した際に、変更前のURLから変更後のURLへ、ユーザーと検索エンジンを転送する仕組みのことです。通常URLが変われば前のURLはリンク切れとなってしまうためユーザーや検索エンジンが「サイトが無くなった」として処理をしてしまいますが、この機能を設定するとたとえ前のURLにアクセスしても自動的に新しいサイトに転送してくれるため、利用者はURLの変更があったことを気にすること無くサイトを閲覧することが可能となります。

 

302リダイレクト
302リダイレクトは一時的にAというURLにアクセスした人に対して自動的にBというURLに転送する機能のことです。この機能はサイトのメンテナンスの時だけ自動的にメンテナンスの旨を表示するサイトへ転送すると言った機能を実装することができます。
これは、SEOとしても有効であり検索エンジンに登録されるURLは変更されないため、一時的に別なサイトに転送する必要性がある場合、本機能を使えばユーザーはURLの変更を気にすること無くサイトを閲覧することが可能となります。

 

AC.JP
AC.JPというものがホームページのアドレスやメールのアドレスについていることに気付くことがあるのですが、これの意味は、大学が発行しているドメインということになります。
例えばもっともよく見るものは、co.jpですが、これは会社の発行するドメインです。
このようにドメインというのはどういった期間がそのホームページやメールアドレスを管理しているのかということが一目で分かるという仕組みになっているのです。

 

AD.JP
AD.JPとは日本を意味するドメインの一種となり、通信事業者やプロダイバー等、ネットワーク管理団体向けに取得されるドメインに利用されています。ADはAdministrativeの頭文字に由来しています。
このドメインの取得にはJPNICの正会員であるなど、幾つかの項目からなる利用条件を満たした団体である必要があり、自由に取得する事はできない仕組みになっています。現在では、通信事業者の内部用や外部用ネットワークなどでの利用が大半となっています。

 

AdSense
ブログやホームページなどで収益を出すにはASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)に登録してそこから提供されているアフィリエイトバナーやリンクを貼りつけることです。このバナーやリンクを経由して商品購入や会員登録することで報酬が発生するのです。

 

このアフィリエイト報酬を簡単に稼ぐための方法としてはGoogleAdSenseのようにクリック報酬型のアフィリエイトをサイトにバナーやリンクを埋め込むことです。サイトを訪れたユーザーがリンクを踏んでくれるだけで報酬が得られるので大変魅力的なアフィリエイトであると言えるのです。

 

AdWords
AdWords(アドワーズ)とはGoogle社が広告主に対して提供しているクリック課金型の広告サービスです。
広告媒体者(アフィリエイター等)に提供しているサービスはAdSense(アドセンス)です。

 

広告主はGoogle社に広告とそれに関連したキーワードを登録します。
それに対して検索者がGoogle検索で関連する単語で検索をおこなうと検索結果の上位や
右サイドバーに広告主のWebサイト情報が表示されます。

 

Affiliate
Affiliateとは、成功報酬型広告のことです。広告媒体であるウェブページやメールマガジンなどに貼られた広告主のウェブサイトなどへのリンクを閲覧者が経由し、広告主のサイトでサービスを利用すると、生じた利益に応じて媒体運営者に成功報酬が与えられる方式です。掲載回数やクリック数などに対して報酬が支払われる他の広告プログラムよりも加入や登録がしやすく、個人でも比較的簡単に開始できます。また、商品選択や掲載方法を自由に選べる場合が多いので、媒体運営者のサイトのテーマやデザインに合った広告にしやすいというメリットがあります。

 

alt属性
alt属性はHTMLのコーディングにおいて画像表示(imgタグ)を利用する際に設定します。
設定することによって実際に画像が表示できない場合は代替テキストとして、この属性に設定した
テキスト文字がwebページ上に表示されます。

 

SEO対策においても重要な役割を持っています。
まず、検索エンジンはwebページ上の画像が何なのかはそのままでは判断できません。
そこで、この属性に適切なテキストを設定し検索エンジンに対してこの画像が何を意味しているかを
判断させる役割を担っています。
ただし、無関係なテキストを設定すると検索エンジンからスパムとして扱われるので注意が必要です。

 

Analytics
ITにおいて、Analyticsとはウェブサイトのアクセスの統計情報などサイトのアクセス情報を解析し表示するツールのことを指しています。無料で使えるクラウドのものや自前のサーバーに設置するものなど多種多様な形で提供されています。
近年では、インターネットの高速化、ハードウェアの高能力化の恩恵を受け個人向けや企業向けの無償クラウドサービスが数多く提供されており一般的なユーザーでも気軽に自身のホームページのアクセス解析が可能になっています。

 

Android
AndroidとはGoogle社が提供をおこなっている、携帯端末をターゲットとしたオペレーティングシステムのことです。携帯端末での利用を前提としたシステムのため、最初からタッチパネルでの操作が可能となっているほか、このシステム上で動作するソフトウェアを作るツールは無償で公開されているため、誰でも簡単にソフトウェアを作成し配布することが可能になっていることも人気となっており、現在、携帯端末向けオペレーティングシステムではトップシェアを誇っています。

 

Apple
Appleは、1974年にスティーブ・ジョブズとステファン・ゲーリー・ウォズニアックによって始められたインターネット関連製品・デジタル家電製品及び同製品に関連するソフトウェア、インターネットサービを提供する企業で林檎のロゴマークが有名です。1998年にiMacシリーズを発表し、飛躍的に知名度が上昇。その後iPhoneやiPadなど斬新的なデジタル家電や付随するサービスを次々と発表したことで有名で、デジタル家電のリーティングカンパニーとなっています。

 

ASP
ASPとは、ApplicationServiceProviderの略で、ネットワークを介してアプリケーションの機能を提供する事業者ことです。また、そのような形態のサービスやシステムそのものを指す場合もあります。利用者はサービスのみを提供されるためサーバーの運用や保守を行う必要が無く、ソフトウェアのバージョンアップも一元化できるため管理コストの削減につながるメリットがある一方で、情報を外部に保存することになるため情報流出のリスクを伴うデメリットがあります。

 

ccTLD
ccTLDという言葉を聞いたことはありますでしょうか。Country Code Top Level Domainの略で、国ごとに割り当てられたトップレベルドメインを指します。具体的には日本の.jpやオーストラリアの.auなどがそれに該当します。
最近よく見られる.mailや.bizなどのgTLD(generic Top Level Domain)などと異なり、ISO3166-1のカントリーコードに基づいて決められています。

 

CGI
CGIとは、CommonGatewayInterfaceの略で、Webサーバー上でプログラムを実行するための規約のことです。クライアントから送られてきた情報に応じてWebサーバーで動的にHTMLを生成して返すシステムにおいて、HTMLを生成するのは外部ブログラムでありWebサーバーとは環境変数や標準入出力で情報をやりとりします。本来はこのインターフェースのことですが、外部プログラム自体を呼ぶ場合もあります。

 

CMS
コンテンツマネジメントシステムとは、Webサイトを管理・更新するためのシステムのことを指します。
通常Webサイト上で一つの変更を行う際、作業としてはHTMLの更新CSSの更新や、場合によってはスクリプトの更新を個別に行う必要がありますが、CMSを導入するとこれらの処理を自動で実施できるようになるためWebサイトの保守管理が非常に容易になるという特徴があります。これらのシステムは利用用途によって様々なものがオープンソースや商用ソフトウエアとして提供されています。

 

CO.JP
「CO.JP」とは日本を意味するJPドメインの一種で、企業(営利法人)のためのドメインです。COはcommercial(商用・営利目的)の略で、株式会社日本レジストリサービス(JPRS)が登録や管理を行っています。申し込むには日本国内に登記されている、または6ヶ月以内に登記予定である株式会社・合同会社・合名会社・有限会社・合資会社・相互会社・信用金庫・信用組合・有限責任事業組合・投資事業有限責任組合などであることが条件です。外国企業も無論日本国内で登記さえすれば取得できます。

 

Cookie
「Cookie」とはユーザーの情報を一時的に保存や参照をする機能のことです。ユーザーIDやホームページを参照した回数などの情報を記録することにより、ユーザーは便利に各種サービスを利用することができます。たとえば、ネットショッピングなどでは初回は自分の情報を全て入力することが必要となりますが、次回からは機能の働きにより自分の情報を入力する手間を省くことができ、スムーズにショッピングをすることができるようになります。

 

CVR
CVRとはConversionRate(コンバージョンレート)の略で、Webサイトへのアクセスの中で
アクセスされたWebページの目的や成果(商品購入、会員登録など)が達成された割合の事です。
アクセスの総数からコンバージョンに至った数値を割り、算出し通常はパーセントで表現します。
アフィリエイトおいては閲覧者が広告を掲載したWebサイトから広告主のWebサイトへアクセスし
実際に商品購入に至った割合を表します。

 

domainname
一般的にLinuxなどのUNIX系OSで用いられるコマンドで、ドメイン名の設定を表示または変更を行うために用いられます。なお、ドメイン名の変更を行うためには管理者(スーパーユーザー)権限が必要になります。たとえば自分のコンピューターのドメイン名をabc.co.jpにするためには、以下のようにコマンドを投入します。
#domainnameabc.co.jp

 

ドメイン名を引数として用いず、コマンドだけを投入した場合は現在の設定が表示されます。

 

ECサイト
ECサイトとは、インターネット上で商品を販売するウェブサイトのことを言います。いわゆるオンラインショップのほか、コンテンツ配信型のサイトやインターネットバンキングを運営するサイトなども含められます。実際にサイト上で販売されている商品は多岐にわたります。このようなウェブサイトでは商品やコンテンツの観覧から購入の手続きまでの一連の動作をサイト上で済ませることが可能です。因みにECとは電子商取引の略語として用いられます。

 

Eコマース
EコマースはElectronic commerceの略称で日本語では電子商取引とも呼ばれます。
ECと表現することも多いです。

 

インターネット上での商売のことを表し、ショッピングサイトやネットオークション、オンライントレード等が代表的です。
インターネットが普及した当時はパソコンでのインターネット利用が大半で利用者も少なめでしたが
現在ではスマートフォンやタブレット等の携帯情報端末の普及により場所を選ばずネットを利用できるため、非常にニーズの高まっている…むしろ当たり前になりつつある取引形態です。

 

Eメールマガジン
「Eメールマガジン」とは電子メールを使って発行される雑誌のようなもので、発行者が購読者に定期的に電子メールで様々な情報を伝達する手法のことをいいます。
基本的に購読無料なのですが、タレントが発行するものや貴重な情報を教えてくれる種類のものなどは有料となる場合もあります。発行者は企業や自治体などが多いが、個人でも気軽に発行できることで情報伝達の手段として人気が高いです。購読するのもパソコンやスマホだけでなく、メールアドレスさえあればガラケーでも購読できるので、ガラケーしか利用していない中高年の方でも簡単に購読できるのです。

 

GoogleAdSense
GoogleAdSenseは、ホームページやブログなどに広告コードを貼り付けることで、記事の内容に連動して広告が表示されるサービスです。日ごろから日記がわりにブログの配信をしていたり、創作活動の内容をホームページで公開するなど、個人でもウェブサイトの運営をしている人は多くなりました。そうした公開している内容に合うような広告を自動的に表示してくれる優れものです。ページを見た人が広告をクリックするだけで自分の収益になるので、アクセスが増えるほどより大きな収益になります。

 

GoogleAdWords
GoogleAdWordsとは、文字通りGoogleが提供しているインターネット広告です。
これを使うことで、だれでもGoogleの検索結果のページに広告を出すことができます。Googleで検索した時、検索結果のホームページの上部と右側に表示される広告がそれにあたります。
広告使用料はクリック課金制ですので、クリックされればされるほど、お金を支払いますし、クリックしてもらえなければお金を払わなくてもいいというものです。

 

GoogleAnalytics
GoogleAnalyticsとは世界的IT企業Googleが提供しているツールであり、ウェブサイトのアクセス解析が行えます。大規模サイトでない限りは無料で使用できます。もちろん個人でも使用可能です。
自サイトにどういうキーワードで検索してきたか、などを調べることができるのです。
あまりに事細かいデータが取得できるので、最初は戸惑う事もあるかもしれませんが、他のツールとは比べ物にならないほど強力なツールです。

 

Google
Googleに世界的に有名な検索サイトです。いろいろなことを調べるのに非常に便利で、キーワードを打ち込むだけでインターネット上のサイトを探すことができます。予測検索の機能が充実していて、言語の修正能力もあるのであいまいなことを調べるのにはとても便利です。検索だけでなくメールやアフィリエイトのサービスもあります。
検索内容は常に最新のものがアップデートされているので最も新しい情報を知ることができるメリットがあります。

 

ウェブマスターツール
ウェブマスターツールとはGoogle社が提供するサービスの一つで現在はGoogleSearchConsoleと言う名称で
提供されています。
Googleアカウントがあれば無料で利用可能でWebブラウザ上で様々な機能が使えます。

 

具体的にはWebサイト管理者やブログ管理者(ウェブマスターと呼ばれます。)に対して自分のページがどのようにGoogle検索エンジンから見られている状態であるかを解析できるツールです。

 

Google検索
Google検索はGoogleが提供するWebサイトの検索サービスです。世界中で公開されているwebページを「キーワード」を入力することで検索できるというのがその魅力となっています。また、検索することが出来るものは、Webページの他に画像・動画・ブログなどいくつか種類があります。インターネットで情報収集する時に利用されることが多いサービスです。非常に爽快な動作とシンプルなトップページが人気となっています。

 

gTLD
gTLDとはドメインの一種で属性ドメインや汎用ドメインより規制が少なく、インターネットで使われるトップレベルドメインのうち、世界の人々にサブドメインを取得する権利があります。また、ドメインの取得数にも制限がなく同一同名のドメインがない限り誰でも自由にいくつでもドメインを取得することができます。またドップレベルドメインの制限の比較的自由度が高く、今日でも多種多様なトップレベルドメインが生まれているのも特徴です。
これらのドメインはICANNが管理しており、実際にはICANNより業務と保守を委託されたレジストラと言われる団体によって維持管理されています。

 

htaccess
htaccessはWebサーバーの一つであるApache(アパッチ)の挙動を決定する極めて重要な設定ファイルです。
通常は先頭にドットが付いたファイル形式で保存されています。
Apacheを使用しているレンタルサーバーでは上記のファイルを使用可能としている場合のみ変更が出来ます。
どのような内容を設定できるかと言うと
・特定のIPアドレスからしかWebサイトへのアクセスを許さないようにしたい。
・サーバーの移転を行ったので、新しいWebページへリダイレクト(転送)したい。
・エラーメッセージをカスタマイズしたい。(404画面を独自の画面にする等)
等があります。

 

HTML
HTMLとはHyperTextMarkupLanguageの頭文字をとったもので、Webペーシを作成するための最も基本的なマークアップ言語のことを指します。
従来この言語はは静的なコンテンツを作るために設計されたため、動きのあるWebページを作るには外部プラグインといった他のソフトウェアをブラウザに導入していることを前提とする必要がありましたが、最新仕様では大幅に機能が追加されたことにより言語単体で動画や音声、そしてグラフィックスなどを操作・表示することが可能となりWebサイトの表現力の向上が図られています。

 

HTML5
HTML5はインターネットプロトタイプ言語であるHTMLの5回目のメジャーアップデートとなる最新の仕様のことです。今まで外部プラグインなど他ソフトウェアをを利用することで実現をしていた動画再生・音声再生・任意のグラフィックスの描画を基本仕様として取り込んでいます。このことにより今まで単体では困難とされていたグラフの描画やゲーム・音声の再生などが可能となっています。また、HTMLとCSSを役割分担を明確にしたことによりソースコードがすっきり見やすくなっているという特徴もあります。

 

HTTP
HTTPはHyperText Tranceport Protocolの略で主にWebブラウザ用のおプロトコル(通信手順)として開発されました。文字だけでなく、映像や音声、その他のデータを柔軟に取り扱うことができるため、今日ではWebブラウザに限らず様々なアプリケーションで採用されています。
これまでより効率の高い通信を実現することを目指して、2010年からは改良型のバージョン2の開発がすすめられている。

 

HTTPステータスコード
HTTPプロトコルにはHTTPステータスコードがあり、リクエストに対する応答時にステータスコードを返却します。代表的なものとして、「200」は正常、「404」はサイト存在不明、「500」はサイト内部エラーがあります。「200」以外のステータスコードが返却された場合には、サイト上に何らかの問題が発生したことを示します。なおステータスコード体系については、RFCという規約に準拠しており、ブラウザはRFCに基づいて作成されています。

 

HTTPリダイレクト
HTTPリダイレクトとはHTTP通信においてWEBサーバからクライアントへの応答の種類の1つです。
要求(リクエスト)されたURLが変更された(サイトが移転した)場合に使われます。

 

ステータスコードは300番台に割り当てられており、301リダイレクト(恒久的に移転)や302リダイレクト(一時的な移転)等が良く利用されます。
携帯電話サイトにアクセスすると「サイトが移転しました。」と出てくるのは、この機能が働いているためです。

 

imgタグ
imgタグはHTMLのコーディングにおいて画像を表示する際に利用するタグです。

 

代表的な属性は以下の物があります。
・src属性は画像のパスを指定できます。主に利用できる画像のファイル形式はJPG形式、GIF形式、PING形式等です。
・alt属性は代替テキストを指定できます。もしsrc属性で指定した画像が見つからない場合には、指定した代替テキストが画像の代わりに表示されます。
・height属性は画像の高さ、width属性は画像の横幅をピクセル単位、パーセント単位で指定できます。

 

iOS
「iOS」とはアップル製品であるiPhone・iPad・iPod Touchのソフトウェアであり、言わば基盤です。このおかげでiPhoneなどの端末で電話やメール、インターネット、アプリなどを使用することができるようになるのです。
2015年10月時点ではバージョン9が最新で、iPod Proに対応するようになり、動作がより軽快になったうえ、OSの効率化により端末のバッテリー駆動時間が1時間ほど長くなるなどの進化がうかがえるのです。

 

iPhone
iPhoneはスマートフォンの中で非常に人気が高い商品です。普及率も高く多くの人が利用しています。洗練された技術が数多く使用されており、利用者の使い勝手に工夫を凝らしています。アプリは多数存在しており、生活に活用できるものが多く存在しています。また写真機能が充実しており、アプリと連動させたりすることで自分の思うがままに編集したり、友人と共有可能となっています。その他にもブラウジングの優れた機能があって、容易に検索を行う仕組みがあります。

 

JavaScript
JavaScriptはWebサーバ構築においては、基礎的な技術になっています。ウェブブラウザに搭載されているスクリプト言語で、HTML内にプログラムを埋め込むことで、簡単に使用することができます。また複数のタグを組み合わせながら、自分の思うような機能を作成可能です。ほとんどのブラウザでは組み込まれており、有効化することができます。多くのサイトにおいては本技術を使用しており、ユーザにさまざまな機能を提供しています。

 

JPRS
JPRSとは正式には株式会社日本レジストリサービスという企業の略称のことで、この企業は日本においてトップレベルドメインである「.jp」で終わるドメイン(JPドメイン)の登録・維持・管理を行っています。
JPドメインはすべてこの企業によって登録・管理されており、JPドメインにおいてレジストラと呼ばれるドメイン登録代行団体は指定事業者と呼ばれ委託を受けてドメインの登録を行っています。また、個人や企業がドメインの取得をする場合は指定業者に登録を依頼して代行してもらうのが一般的な形態となっています。

 

JPドメイン名
JPドメイン名とはJPRSが管理しているドメインのことで4つの形態があります。
・汎用〜
個人でも組織でも日本に住所があれば誰でも登録可能です。
英語、日本語(ひらがな、カタカナ、日本語漢字)を使うことが出来ます。
登録できるドメインの数に制限はありません。
・都道府県型
全国47都道府県名を含むドメイン名です。制限などは汎用〜と同じです。
・属性型〜
企業(CO.JP)やAC.JP(大学)など組織の種別ごとに区別されたドメイン名で、1組織が登録できるドメイン数は1つです。
・地域型〜
区市町村名と都道府県名で構成されたドメイン名で、個人・組織でも登録できます。個人・組織が登録できるドメイン数は1つです。

 

NE.JP
NE.JPはドメインの種類の一つで日本国内におけるネットワークサービスやインターネットサービスプロバイダ等が取得できるドメインです。
NEはNetworkの略称で、JPRSが登録の受付や管理を行っています。

 

「日本国内でのネットワークサービス提供者が不特定または特定の利用者に対して営利または非営利で提供するネットワークサービス」に該当する場合にJPRSから発行を許されます。

 

なおOR.JPについては現在は、非営利団体のみに適用されるドメインに適用されるようになっています。

 

OR.JP
or.jpドメインはかつて任意団体に対して
組織を意味するorganizationの略で「or」を用いた先述のドメインを割り当てていましたが、
1997年に法律に基づいて設立されて法人登記を行った団体のみを対象とすることに改めて、
この旧来の任意団体に対しましてはgroupの略の「gr」を用いた「gr.jp」を割り当てるように改めましたが、
古くから存在しているプロバイダ―の中には未だにこのOR.JPドメインを保有するものが存在しているのです。

 

OS
1995年にマイクロソフト社から発売されたパーソナルコンピューターの基本ソフトwindows95。いわゆるオペレーティングシステム(OS)のことで、その使いやすさゆえに爆発的なヒット作となり、瞬く間に世界のコンピューターに搭載されました。市場を独占状態していますが、2015年の現在でもその座は揺るぎないようです。
OSの代表的ないところを列挙すると、マイクロソフト社のwindows、APPLE社のMAC、GOOGLE社のクロームなどといったところです。世界のシェアを調べてみると、windowsが9割を占めている事実を見ますと、マイクロソフトwindows強しの印象は否めません。

 

Overture
OvertureとはYahoo!社が提供するサービスの名称であり、オークションによって掲載金額や順位が決まるキーワード検索サービスのことです。
日本の場合、1クリック9円からスタートして提携するサーチエンジンに掲載されます、訪問者がサーチエンジンに掲載された広告をクリックされると課金が発生する仕組みになっています。
サービスを利用する利用者側ではサービスは2タイプに分かれており、管理をサービス運営者に一任するコースと管理を自分で行うコースが有ります。

 

PV
PVとはページビューの略称です。ほとんどの場合略されて表現されているので、ピーブイという言葉を知っていてもページビューという読みであることを知らない人は少なからずいます。
ちなみにページビューとは、ブログやホームページを閲覧された回数を指します。訪問者数とは違うので注意が必要です。
一人の訪問者が同じサイトを何回も何回も開くとページビューは上がりますが、訪問者数自体は1人です。人気サイトになると一ヵ月で100万回閲覧されることも少なくなく、月間100万ページビューなどと表現されます。

 

RSS
RSSとは、ウェブサイトで公開される記事の見出しや要約、記事ページへのリンクなどが記載されている文書フォーマットの総称で、ブログや報道の更新情報で利用されています。情報を収集するための専用のリーダーは細かいカスタマイズも可能になり、自分の知りたいサイトの、自分のほしい情報だけを集めることも出来るので、日ごろのトピックスのチェックや、仕事に関連した最新のニュース、趣味の情報など特定のジャンルに特化した情報を集めることも可能です。

 

SEO
SEOとは、グーグル、ヤフーなどで検索した時に検索結果が上位に表示されるよう設定することです。商品を販売するには、広告が必要です。テレビコマーシャルよりも近年はインターネットでの広告が必要になってきております。しかし、バナー広告では不特定多数の人が見ますが、検索は検索にヒットする商品が欲しい人が見ますので広告の効果が期待できます。インターネットでの販売はそのサイトに来てもらわなくてはなりません。そのためにも検索に対する対策はとても重要なのです。

 

SEOとは、グーグル、ヤフーなどで検索した時に検索結果が上位に表示されるよう設定することです。商品を販売するには、広告が必要です。テレビコマーシャルよりも近年はインターネットでの広告が必要になってきております。しかし、バナー広告では不特定多数の人が見ますが、検索は検索にヒットする商品が欲しい人が見ますので広告の効果が期待できます。インターネットでの販売はそのサイトに来てもらわなくてはなりません。そのためにも検索に対する対策はとても重要なのです。

 

SmartPhone
スマートフォンについてですが、英語の表記であるSmartPhoneからわかる通り、電話の機能の他にいろんな情報処理能力を持つ電話のことを指します。
最近のスマートフォンに搭載されている機能としては、メールはもちろんのこと、各種センサーが搭載されていて、いろんな状態をその電話だけで確認することが可能です。
さらにアプリと呼ばれる追加の機能を入れることで、いろんな機能を実現できることも、ひとつの特徴になっており、人気を集めています。

 

UI
UIとはユーザーインタフェースの略語です。自動車制御や機械でも使われる用語ですが、主としてコンピューターや電子機器等で使われる場合が多いものです。
コンピューターの場合はその利用者が情報をやり取りする場合にシステムを制御する手段のことを言います。
これには入力する場合と出力する場合の2種類あります。
これにはグラフィカルな情報やテキスト、音声、キーボード操作などが係って来ます。
このデザインには入力や出力に要する労力も関係していて、これらはユーザビリティと呼ばれ、システムを利用する際の効率や満足度を図る尺度となっています。

 

URL
URLは主にhttp\://から始まるアドレスと通称されるものです。全てのホームページには
それがあります。GoogleやYahoo!の検索機能で目的のページを探すのに、無名なページだと
1分以上かかることも多いです。そんなところで活躍するんです。アドレスバーに目的のページの
アドレスを入力すれば最速10秒かからずに移動する事ができます。アドレスは独自ドメインなどで
自由に作ることもでき、幅が広がります。ぜひ、活用して下さい。

 

Webアクセシビリティ
アクセシビリティとはアクセスのしやすさを意味する。Webアクセシビリティとは主にWebサイトを構築する際に用いられ、一般的には色覚障碍者に配慮した色彩の配置や、視覚障碍者に対するテキストの読み上げツールに対する配慮を指す。健常者ではなかなか気づきにくい点ではあるが、IT情報の格差、いわゆるディジタルディバイドを生じさせないためにもWebサイトの構築時に十分な配慮を行うことが期待される。
実際のWebサイトを評価するツールも存在する。

 

WEBサーバ
WEBサーバはインターネット上で通信やネットワークを利用して情報をやり取りするサーバのことを指します。

 

通信プロトコルの一種であるHTTP通信を利用してクライアントであるWebブラウザからのリクエストを受け取ると
リクエストに応じたHTMLドキュメントや画像ファイル等をクライアントに送信します。

 

ECサイトやブログなどのサービスを格納するサーバはアプリケーションサーバと呼ばれており
一般的には両方が揃って一つのサービスとして成立します。

 

WEBサイト
よくWEBサイトという言葉を耳にはするけれど、正確な意味を知らずに使っている人もいるのではないでしょうか。WEBの意味は、世界中で構築されている巨大なネットワークであるインターネットの事を意味します。WEBページは、このインターネット上で公開されている文書であり、このWEBページを一冊の本のようにまとめてインターネット上で登録場所を示した物がサイトです。企業等の団体が自ら構築する公式サイトも多く、別名ホームページとも呼ばれています。

 

WEBブラウザ
WEBブラウザーとはインターネット上などに存在する、HTMLやCSS、JavaScriptと言った言語で書かれたソースコードを解析して文字や画像、音声や動画などで表現されたWEBサイトとして表示することを目的としたソフトウェアです。インターネットを利用する上で必要不可欠なソフトウェアとなっており、ソフトウェアによっては外部プラグインを取り込むことによってその機能を拡張することができるものも存在します。

 

WEBページ
WEBページを作成できるようになると、自分から情報を主体的に発信できるようになります。近年では、インターネットを介して様々な情報が手軽に入手できるようになりました。もちろん、情報を収集するツールとして利用するだけでもインターネットは十分に有用ですが、そこからさらに一歩進んで、自分からインターネット上で情報を発信するようになれば、インターネットの双方向性をフルに活用できるようになります。例えば、勉強中の事柄についてメモ的に記録を残して公開してみると必ずフィードバックをえられるため、独習と比べてより幅広い知見を得られやすくなります。

 

WorldWideWeb
WorldWideWebとはワールドワイドウェブと読みブラウザインターネットでホームページの機能を提供するための技術や仕組みのことである。
例えば、ブラウザーを使い、ホームページ内の色が変わっている部分にカーソルを移動させると、矢印マークだったものが指マークになったり、その部分をクリックするとその先のホームページに移動するなどです。
そして、このおかげで、世界中のホームページの情報を探し出して表示させることができるのです。

 

Yahoo!JAPAN
Yahoo!JAPANは日本国内でも非常に有名な検索サイトです。調べたいことを入力するだけでいろいろなものを調べることができます。
さらに検索するだけでなくメールアドレスを取得したり、ホームページを開設することもできます。天気やニュースといったすぐに知りたい情報を手に入れることができるので非常に便利です。また、このサイトからリンクしているオークションやショッピングサイトも利用者が多く、日常的に使っている人も多いです。

 

Yahoo!リスティング広告
Yahoo!リスティング広告では、そのお客さんが欲しい情報などある程度検索結果などに応じた状況で表示していく事となります。予め広告をいくつか用意する事となれば、色々な問題点としても解決していく流れで考えれば、しっかりとした対応を取る必要があり、状況的に考えてより良い形でお客さんの情報をしっかりと掴みながらリスティング広告を利用するなど、効果的な情報を得る事となります。広告業界としてもメリットのある状況と言えます。

 

Yahoo!検索
Yahoo!検索とはポータルサイトであるYahooが提供する検索エンジンのサービスです。
通常のWeb検索以外に、画像、動画、辞書、知恵袋、地図、リアルタイム及びYahooが提供するサービスの
一部(ニュースやオークション等)を検索することが出来ます。

 

検索エンジンの利用率ではGoogle検索とトップを競っていますが、Google検索と違いリアルタイム検索が可能で
Twitterのタイムラインを即座に検索できるため、利用者はより早く欲しい情報を収集することが可能です。

 

アクセシビリティ
アクセシビリティはソフトウェアや情報サービスにおいて、どれだけ広範囲の利用者にとって使いやすいかを表します。
インターネットやWebでのサービスについては「Web〜」と言う表現が一般的です。

 

高齢者や障害者でも使いやすいことを始め、どのようなキーボードやマウスでもサービスを利用できることが重要視されています。
また最近ではスマートフォンやタブレット等の普及により音声認識や画面タッチによる利用のしやすさが
提供するサービスの価値・満足度を左右する要素となっています。

 

アクセス
この数字は、制作したホームページを閲覧した閲覧者の数を表します。この数値が多ければ多い程、そのホームページは人気があり注目されているということです。この数値を増やすには、取り扱うジャンルを全面に押し出す必要があります。ジャンルを押し出しそのジャンルを詳しく説明しているホームページ程アクセス数は伸びて行きます。つまり、この数値はどれだけそのジャンルについて取り扱っているか、どれだけ詳しく説明しているかの指標ということが出来ます。

 

アクセストレード
アクセストレードとは、アフィリエイトサービスを運営している会社です。アフィリエイトサービスによる報酬が1000円を超えた時点で報酬を振り込んでもらうことができます。アフィリエイトサービスとは、Webサイトやブログのページで商品を紹介する文章を書いたり広告を載せることで、サイトの運営者が広告収入を得ることができるというサービスです。Webサイト観覧者がサイトのページにある商品についての広告やテキストリンクをクリックするごとに、そのサイトの管理者に報酬が支払われる仕組みとなっています。

 

アクセス解析
アクセス解析はホームページを保有している人が、どんな人がアクセスをしていて、どんなキーワードで検索されているかを調べることができるものです。1日当たりのアクセスした人の人数もわかるのでホームページを運営している人によってはとても便利なものです。
利用の方法も非常に簡単で、自分のホームページにタグと呼ばれるものを取り付けるだけで完了させることができます。多くのホームページで利用されているものになります。

 

アクトレ
アクトレって言葉はあまり聞き慣れないと思います。アクトセストレードの略称です。
アクセストレードとは、ホームページやブログの運営者同士が相互にリンクを張り、訪問者を流しあう行為をいいます。
アクセストレードにどういった効果があるのかというと、単純に訪問者数が増えます。また、ユニークユーザーの訪問数が増えることにより検索エンジンの評価が上がり、検索エンジンの検索結果に上位表示されやすくなります。
特にアフィリエイトブログで有効な手段でよく使われています。

 

 

アップル
アップルは、パソコンや音楽機器、タブレット、携帯電話などを発売している人気の
メーカーです。人気の理由はとても洗練されていてなおかつ斬新なデザインです。
世界中にファンが多くいます。操作性も良く音声での操作やタッチパネルでの操作など
革新的な機能を搭載する機種を発売してきました。このメーカーの商品はとても人気があるので
その商品に関連するケースなどのアクセサリーも豊富に発売されておりこれも人気の
ひとつになっています。

 

アドセンス
アドセンスとはグーグル社が提供しているサービスの一つで、自分が運営しているWebサイトに広告を埋め込むことで広告料収入を得ることを可能にするサービスです。Webサイト観覧者が、ページに埋め込まれた広告をクリックすることによって、そのクリック回数に応じた広告料がWebサイトの運営者に支払われる仕組みです。また、このサービスは埋め込まれたWebサイトに関連した広告が自動的に配信される仕組みになっています。そのため、広告を配信する側にとってもWebサイト観覧者の興味に関連した広告を表示させることができる可能性が高くなるというメリットがあります。

 

アドワーズ
アドワーズはGoogle社が提供する広告サービスで、広告主を対象としています。
広告媒体者に対してはアドセンスと言うサービスが用意されています。

 

この広告システムはクリック課金型を採用しており、広告主は提供したい広告と関連性のあるキーワードをGoogle社に登録します。
Google検索や、広告媒体者のアドセンス契約をしたWebページ等に対して
検索者が登録キーワードに関連した単語で検索すると、登録した広告が検索結果と同時に表示される仕組みとなっています。

 

アナリティクス
アナリティクスとはGoogle社が提供する高機能な無料アクセス解析ツールです。
Googleアカウントを取得すれば原則無料(年間500万PVまでの制限あり)で利用できます。
Webサイト管理者はこのツールを使う事で自身のWebサイトがどのようなキーワードでアクセスされ
主にどのページにランディングされるか等を解析する事が可能です。

 

アドワーズ広告を利用している際は広告の投資収益率の確認をすることも可能です。

 

アフィバック
アフィバックとはアフィリエイトサービスにおいて広告提携申請や自分のサイトやブログへの広告貼り付けが不要で、アフィリエイター自らが商品を購入できる仕組みのことを指します。
自己購入、自己アフィリエイトとも呼びます。
アフィリエイト報酬の英語版ではありません。

 

自分で商品を購入し、その購入金額から広告主の定めた料率の成果報酬が入るため、意味合い的には
収入と言うよりは現金割引をしてもらっている感覚に近いです。

 

アフィリ
アフィリとはアフィエイトの略称です。
アフィエイトとは、あなたのブログなどで商品やサービスを紹介することで、あなたのブログを見た人が、あなたのブログの商品などの紹介リンクから、商品の購入やサービスの契約を行なった時、あなたに報酬が入る仕組みです。
一度ブログで商品紹介の記事を作成すれば、あとは勝手に収入が入りますので、不労所得とも言われています。
ブログを書くだけで副収入を得られますので、主婦や学生だけでなく、サラリーマンなどもお小遣い目的で利用されています。

 

アフィリエイター
これは、自分の制作したホームページに会社の広告等のリンクを張り付け、その広告をホームページ閲覧者がクリックすることで会社から支払われる報酬を受け取る人達のことです。会社からすれば、インターネットという不特定多数が閲覧する場所で広告してくれた人に対して報酬を支払うという仕組みです。しかし、これは成果報酬であり、ホームページに載せられた広告が閲覧者にクリックされなければ報酬は受け取れません。その為、アフィリエイターはどれだけその広告を閲覧者がクリックするかというホームページ作りを心掛けなければなりません。

 

アフィリエイト
アフィリエイトとはインターネットの世界で利用されているネット広告の一つです。
広告媒体者のWebサイトやブログ、メールマガジンに広告主へのリンクを張り、それを閲覧した人が
その広告をクリックし広告主のサービスに会員登録や商品を購入した場合に広告媒体者へ一定の料率で
報酬が支払われます。

 

クリック型の広告形式と違い売上が発生して初めて広告媒体者へ報酬が発生するため、成果を得るのはやや難しいですが、広告媒体者が推薦する商品が閲覧者への影響が大きければ一気に報酬が増える楽しみもあります。

 

アフィリエイトサイト
自分のwebサイトに広告を掲載して収益を得るというのがアフィリエイトの基本です。
アフィリエイトと聞いただけで、他人の意見を転載して広告収入を楽に得ている人が連想されやすいですが、それは大きな誤りです。
大半のアフィリエイトは独自のコンテンツを発信して収入を得ています。
情報に即した広告を掲載する個人経営のマスコミです。
アフィリエイトサイトは決して否定されるような物ではなく、有益な情報を提供してくれるツールです。

 

アフィリエイトタグ
アフィリエイトタグとは、ブログやホームページサイトに、タグを簡単に張り付けられる自動広告表示ツールです。タグの大きさもたくさんありますので、張り付けるブログなど位置に合わせて張り付けられます。
自動ということで勝手に何かされるというものではなく、種類や内容など自分に合った自動広告表示ツールとして使用することができます。
初心者の方やちょっと遠慮している方など1度やってみると簡単にできることだとわかります。

 

アフィリエイトプログラム
WEBページには、様々な広告が張り付けてあります。ホームページを閲覧したことがある人なら、一度はその広告を目にしたことがあると思います。チカチカ点滅するものから、俳優さんがイメージキャラクターを務めるものまで様々です。
これらの広告はアフィリエイトプログラムと言われるものが多いです。広告の仕組みはシンプルです。クリックすると、宣伝したいページへ即座に読者を導きます。訴求力は抜群です。宣伝する側からみると、広範囲の人にアピールするよりも、ピンポイントで訴求できるのが大きな魅力となっています。個人、企業を問わず、このプログラムを提供する企業と契約して、広告を張り付ければ、収入を得ることもできます。

 

アフィリエイト広告
アフィリエイト広告とはWebサイトなどに設置する広告の一種で、広告により商品等が販売された場合などに設置されたWebサイトの登録者に対して報酬を支払うタイプの広告のことを指します。
報酬の支払われ方としては、大別して2種類のタイプがあり、売れた商品に対して売上の数%〜数十%を広告掲載主に支払うタイプのものと、広告のクリック数や表示数に比例して報酬が支払われるタイプのものが大半を占めています。
広告掲載主としては個人や、企業などのほか携帯タブレット向けの無償ソフトウェアにはこの広告を収入源として提供を行っているものも存在します。

 

アンドロイド
アンドロイドはGoogle社が提供するスマートフォンやタブレットなどのモバイル(携帯情報端末)を主にターゲットとしたプラットフォームです。OS(オペレーティングシステム)とも呼ばれます。

 

特徴としてはアプリケーションの開発に制約がなく自由に、かつ短期間でおこなう事が可能で
プログラムの独習者でも自作のアプリケーションを作成し、端末に自由にインストール出来ます。

 

今やモバイルだけでなく、時計やテレビなどにも搭載され始め、更なる市場への浸透が期待されています。

 

インターネット
商売をする時には物理的にお店を出しており、お店を借りる費用が発生し、常にその店にいなくてはいけませんでした。しかし、インターネットで商売するのであれば、その必要はありません。お店はバーチャルな世界になり、ショップもバーチャルです。写真と商品説明さえしっかりしていればいいのです。そして、お店をのぞきに着てくれるよう仕組み作りをする必要があります。費用は現実のお店を開くより費用は安くできますが、注文から販売までの仕組みづくりが大切になります。

 

ウェブマスターツール
ホームページを作ったばかりの方や、自分でサイトを運営しているけど、全然アクセスデータを把握できていないという方におすすめなのがウェブマスターツールです。
これは、このサイトにどのようなキーワードでここにたどり着いたかや、どこのホームページから来て、そしてどこのホームページに行くかなど、自分のサイトの現状把握や見に来たユーザーについて分かる、ユーザー動向監視ツールです。
これの結果をもとにサイト運営をすると、ユーザー数が上がる手助けになるはずです。

 

ガラケー
スマートフォンが普及した近年、かつての携帯電話はガラケーと呼ばれ、時代遅れのものとなりました。ガラパゴス携帯の略語であり、すでに進化の外にあると言えます。しかし、携帯電話としての機能はスマートフォンを上回っており、最近では再びかつての携帯電話に戻っている人もいます。特に、高齢者の中にはスマートフォンに順応することができない人も多く、また、スマートフォンの機能を必要としないことから携帯電話に戻っている人が多くいます。

 

キャッシュ
コンピュータの多くにキャッシュ機能が搭載されています。例えば情報検索した結果をメモリ上に保持しておき、再度同じ検索をされた場合に高速に結果を返却することが可能です。特に大量データを検索するインターネット情報検索系のサイトには多く利用されています。またコンピュータのリソース負荷軽減にも効果があって、安定した検索性能を保持することが可能です。コンピュータに搭載されるメモリ量が増えてきているため、今後の多く利用されることが想定されています。

 

グーグル
グーグルはよく知られているのが、世界中の情報を検索するためのツールを提供しているということです。しかしその他にもたくさんの事をしています。ソフトウェアの開発やオンライン広告などもしています。そして、主な収益はアドワーズと呼ばれるオンライン広告から得ています。そして、現在では多くの会社と提携したり買収をしたりして、さらにたくさんの活動をしています。Gmailというメールサービスを始めたり、地図などの提供もしています。インターネットを毎日のように使うようになった現在では欠かせない存在です。

 

クッキー
クッキーはパスワードなどの設定をパソコンに保存するシステムです。
これを使えば例えば、面倒なパスワードの入力時間も省略でき、
効率よく作業を進めることができます。これは、ほとんどのパソコンに対応して要り、
インストールなしでも勝手にやってくれる場合がほとんどです。
また、設定画面から、記録内容は見ることができないので、心配な事があれば、
設定画面から消すことが可能です。これから、IT社会にはいる中、使わずには通れない
選択肢です。是非、自分なりの活用法を見つけましょう。

 

クリック
マウスが動かない状態で左側のボタンを一回押すことを「クリック」といいます。パソコンにはじめて触ってみるという方は、まず、マウスを使ってのこの操作方法を覚えましょう。マウスを手のひらで覆うように軽くにぎってください。そして、縦、横、斜めに動かしてみましょう。デスクトップと呼ばれるパソコンのモニター画面の中で、矢印の形のマウスポインタが手の動きと同じように動く事を確認できるでしょう。この動作は何かを選択す場合に多く使われます。

 

クリック報酬
クリック報酬とは、自分の制作したホームページに他社の広告バナーを張り付けてその広告をホームページ閲覧者がクリックすることで発生する報酬のことです。広告の親会社としては、多くの人々に自社の広告を拡散してくれたお礼ということになります。又、これは制作したホームページを訪れる閲覧者が多ければ多い程、クリックされる機会が生まれ、より多くの報酬を受け取ることが出来ます。その為には、多くの人々が興味を持つような内容のホームページを作成する必要があります。

 

コンバージョン
コンバージョンとは、広義のIT用語で言えばデータの変換や交換を表す言葉です。
ECサイトの分野においては成果報酬型のアフィリエイトで売り上げが発生した際の最終的な成果を表します。
Webサイトに広告を掲載した場合において訪問者が広告をクリックし実際に商品を見たとしても購入に至らなければ成果とはなりません。
Webサイト制作の分野においては様々な使われ方がありますが、資料請求やお問い合わせを目的とした場合等にそのWebページが
訪問者のアクションにより目的を達成できた場合に該当します。

 

サーチエンジン
サーチエンジンとは、インターネット上にある情報を探しだすプログラムのことです。このプログラムによって探しだすことのできる情報はサービスを提供している所によって多岐にわたり、ウェブページ、画像やテキストなどの各種ファイル、ニュースや論文といった情報まで検索することが可能です。検索を行う際には様々なオプションを付けることによって、得たい情報をより得やすくすることができます。また、このプログラムは検索システムの違いによって更にディレクトリ型やロボット型といったものに細分化されます。

 

サイトマップ
サイトマップとはWebサイト内のWebページ構成を一覧にしてまとめ一目で分かるようにした案内ページの事です。
Webサイト訪問者に対しては、所謂デパートの各階の店舗情報の様な役割を果たし自分が今どこにいるかを教えてくれる役割を持っています。
またSEO対策にも重要な役割をもっております。
検索エンジンのクローラーと呼ばれる特殊なプログラムがこの階層を巡回しWebサイトの重要性等を判断し検索エンジンのデータベースへインデックス(登録)しますので
正しく作成することによりWebサイトが検索エンジンに早期に表示されるようになります。

 

スクリプト言語
スクリプト言語とはソースコードを記述後にコンパイルを必要とせずに、実行時にソースコード(スクリプト)をインタプリタが解析して実行するタイプのプログラミング言語です。
代表的なプログラミング言語としてはPHPやJavaScript、Rubyが挙げられます。

 

比較的覚えやすい言語仕様が多いため、プログラミング初心者にも扱いやすい言語ですが、インタプリタは
実行中に間違ったコードがあるとそこで即座に止まる…つまりエラーになるので
プログラミング言語の解析能力をプログラマーがしっかり持たないとエラーの修正時間が多くかかると言う
欠点もあります。

 

スマートフォン
スマートフォンが普及した近年、かつての携帯電話はガラケーと呼ばれ、時代遅れのものとなりました。ガラパゴス携帯の略語であり、すでに進化の外にあると言えます。しかし、携帯電話としての機能はスマートフォンを上回っており、最近では再びかつての携帯電話に戻っている人もいます。特に、高齢者の中にはスマートフォンに順応することができない人も多く、また、スマートフォンの機能を必要としないことから携帯電話に戻っている人が多くいます。

 

スマフォ
スマホ
「スマホ」とはスマートフォンの略で、日本ではアップル社のiPhoneの販売により若者から人気が爆発的に広がり、あっという間に普及していき、2015年においての普及率は54%を超えているほどです。日本での人気はiPhoneの一択と言っても過言ではなく、iPhone販売当初はソフトバンクの独占販売だったのですが、その後au、ドコモでも販売されるようになり、どのキャリアでも購入できるようななったことで各社の販売競争が激しくなり、様々なキャンペーンでお得に購入できることも人気の要因なのです。

 

ソース
ソース(Source)とは、通常はプログラミング言語において人間がテキストで書き出したプログラムの文章のことを表します。コンピューターが実行するものは一般的にはコンパイル(翻訳)された機械語です。

 

また、WebサイトでHTMLドキュメントで記述されたページの情報も指します。
Webブラウザを表示し右クリックやメニューバーのオプションから選択することが可能で
内容がテキストエディターなどに出力されるので、そこから記述されている意味を解析することが出来ます。

 

ソースコード
ソースコードとは人間(プログラマー)がプログラミング言語の言語仕様に基づいた形式で
テキストで記述したコンピューターに対しての一連の命令のことを表します。
単純にソースとも呼ばれます。

 

人間が読む分には都合が良いですがこのままではコンピューターが動かすには都合が悪いため
多くの場合は機械語にコンパイル(翻訳)してから実行されます。
コンパイルが完成しないとプログラムは実行できません。
またインタプリタの場合はソースを実行しながら解析しますので途中でプログラミングのエラー(ミス)が発生すると処理が停止します。

 

タグ
タグとはHTMLドキュメントをコーディングする時に、<と>の間に記述する特殊な文字列を指します。
これを記述することによりWebブラウザ上の表示ソフトがHTMLドキュメントを解析し
リンクや画像の情報を表示します。

 

またSNSでも最近は利用される言葉で、こちらは記事や写真に対して該当の人物が誰なのかの目印を付ける役割を果たしていたり、#(シャープ)を文字の先頭に付けることで記事のテキストがリンク表示され
クリックや検索をすると、その#付きの文字を同じ趣味や趣向を持った相手に拡散する事が可能です。

 

デバイス
コンピュータのデバイスとは、コンピュータを構成する電子部品や、コンピュータと繋げて使う周辺機器のことです。具体的にはハードディスクやメモリ、ビデオカードといった部品や、マウスやキーボード、プリンタのような周辺機器を指します。これらの部品や周辺機器はそれ単体では動作せず、ドライバと呼ばれるソフトウェアが必要となります。特に周辺機器を接続する場合には、接続する際にドライバをインストールする手順が必須であることが多いです。

 

ドメイン
ドメインとは、インターネット上の住所のことです。そのため、同じものはないのです。世界にたった1つのものとなっています。誰でも作ることができるのですがら同じものを作ることはできないため、先に誰かが作っていたら、それを取得することができないのです。それは、どこの国なのか、どこの会社や組織、学校なのかが見てわかるのです。世界中の様々な人が利用することができるため、国際的に認定された機関が管理しているのです。

 

ドメイン名
ドメイン名は、インターネット上の住所にあたるものです。ホームページのアドレスや、メールアドレスに使われ、世界にひとつしか存在しません。重複しないように発行、管理されています。アルファベット、数字、一部の記号の組み合わせで構成され、近年では、日本語など各国独自の言語、文字で登録できるようになっています。インターネットが普及している現在では日常的に接しているにも関わらず、その知識を得る機会は限られています。

 

パートナー利用規約
パートナー利用規約とは、サービスを利用する際にサービスを提供する事業者との契約です。事業者の提供サービスや利用者から取得した情報の管理方法、活用方法が記載され、さらにトラブルが発生した際の対処方法なども掲載されています。具体的な情報が記載されているので、サービスを利用する際には必ず確認すべき事項となっています。このため、サービスを利用する際の多くの場合、同意するかのチェック項目が設置されています。

 

ハイパーリンク
ハイパーリンクとはHTML(ハイパーテキストマークアップランゲージ)においてHTML文書に記述された
他のサイトや文書、画像などの位置情報を表します。
単純にリンクと呼ばれることもあります。

 

もっとも良く利用されるものはWWWにおけるURLですが、オフィスソフト等でも記述する事も出来ます。
主に下線の付いたテキストで表示されておりクリックやタップする事で対象の位置(パス)へ遷移(ジャンプ)します。

 

HTMLでの記述例は自由テキスト
となります。

 

バックリンク
バックリンクとは被リンクとも呼び、あるWebサイトに移動するために他のサイトから貼られたリンクのことを言います。この用語は主に検索エンジン最適化に関連する文脈の中で用いられます。このようなリンクが多く貼られているサイトほど検索エンジンに良い評価をされて、検索結果の上位に表示されるというメリットがあります。しかしながら最近の検索エンジンで良い評価を受けるためには、前述したリンクの数以外にも様々な要素を満たす必要が出てきています。

 

バナー広告
バナー広告とは、インターネット上に掲載する広告の中で画像やアニメーションによって表現する広告のことです。インターネット上に決められたスペースに広告を掲載し、そこにクリックをするとその広告主のホームページなどに誘導されるようになっています。
インターネットの普及及び、テレビ視聴の減少により、インターネット上に広告を掲載することは様々な企業が行っており、極めて高いプロモーション効果があると注目されています。

 

パンくずリスト
パンくずリストとは、ユーザーが今ウェブサイト内のどの位置にいるのかを視覚的に分かりたすくするため、上位の階層となるウェブページを階層順にリストアップしたリストのことを指します。トップページからそのページまでの経路を示すことにより、訪問者がサイト内での現在位置を直感的に把握するのに役立ちます。垂直方向のナビゲーションであるため、サイト全体には他にどんなカテゴリがあるか、といった水平方向のナビゲーションと組み合わせてページのデザインを構成することが多いです。

 

フィーチャーフォン
フィーチャーフォンとは、昔ながらの携帯電話を指します。フィーチャーは特徴という意味で、音声通話という電話以外の特徴を持つものとして指し示しています。
一般的には、スマートフォンのスマートの意味である高機能化、賢いという傾向とは異なり、機能はある程度多いものの、機能の追加はできない、動作が遅いなどの傾向があるのが特徴的です。
また、見た目には2つ折りや横幅が細いストレート端末が一般的なものとなっています。

 

ブラウザ
ブラウザにはさまざまな製品があり、スマートフォンの普及とともに多くの方が利用しています。多彩な検索機能や表示機能を備えており、優れたインターフェースを持っています。早く正確に検索できることを最も重要とされているため、各製品ともに使い勝手や用途が異なってきます。スマートフォンに搭載された製品については、ブラウジングの能力が最も重要となります。そのため、スマートフォン専用にチューニングされた製品が多数販売されています。

 

プラットフォーム
プラットフォームとはソフトウェアやハードウェアを動作させるために必要な基盤となる仕組みのことを指します。
オペレーションシステム(OS)やミドルウェアと呼ばれることも多いです。
代表的なものはマイクロソフト社のWindows、アップル社のMACOS等があり、一般的にはソフトウェアやハードウェアの動作可能な環境は決まっており、他の環境では動作しません。
プログラム言語であるJavaで開発されたシステム等は環境に依存しない場合もあるため「マルチ〜」と呼ばれています。

 

ブログ
インターネット上にブログを開設している人が沢山います。
それを開設することによって沢山の人に自分の意見を伝えることができます。
またこういった物を開設することによって様々な事案について皆と話し合うことも可能となります。
しかしお酒などを飲んで酔っ払った状態の場合はここに自分の意見を書き込まない方が良いです。
お酒が入ると気分が大きくなりつい相手が傷つくことを書いてしまうこともあります。
そうすると後々トラブルの元になる場合もあるのでその点は十分に注意する必要があります。

 

ページビュー
インターネットを利用しているとよく目にする言葉にページビューという言葉があります。
PVと略して表現されることが多いです。
よく間違われることが多いのですが、単純なアクセス数でなく、どれだけページが開かれた(閲覧された)かの数字になります。ですので、一人の訪問者が10ページ閲覧すると10PVということになります。
ホームページやブログの人気の度合いを表す場合にもよく用いられ、月間1億PVの化け物サイトなどと表現されます。

 

ホスティングサービス
ホスティングサービスとは、インターネットにおいてサーバ利用者(顧客)が、管理や構築までを行わないで済むように
事業者が予め構築したサーバ環境を顧客に有償または無償で提供するサービスです。
このサーバをホスティングサーバと呼び、レンタルサーバ、共用サーバとも呼びます。

 

顧客はこのサーバにWebアプリケーションやWebサイトを配置できるため、いち早くインターネット上に
サービスを提供したい場合に効果的です。
サーバは通常はデータセンターと呼ばれる遠隔地に設置されており、顧客は物理的には触る事はできません。
1台のサーバを複数の顧客で使う場合と、1台のサーバをまるごと1顧客に提供してくれる場合があります。

 

マークアップ言語
マークアップ言語はコンピューター言語の一種で、文章の段落やフォントサイズなどに関する指定を、文章とともにテキストファイルに記述するための言語で、マークアップを使用して機能を表現します。テキストファイルであることが多いですが、バイナリデータによる形式もあります。書かれた文章はテキストファイルになるため、テキストエディタを使って人間が普通に読むことが可能で、もちろん編集もできます。一部の文字を強調したいときにも使われます。

 

マーチャント
マーチャントは、直訳すれば「商人」という意味を指す言葉であるが、インターネットの世界では、アフィリエイトを利用して商品の販売を行う者という意味となります。インターネット用語としましてのこの言葉の意味は「商品の販売行為を行う者」の部分は言語と意味を同じくしますが、「アフィリエイトを利用して」の文言が加味されることになります。つまり単に、商品を陳列して値札をつけて買ってくださいとは販売行為を行うのみならずアフィリエイトの利用という販促活動が加味された言葉であるのです。

 

メールマガジン
メールマガジンとは、電子メールを用いて定期的に配信される新聞のようなものです。
私も数10のメルマガに登録しています。
メルマガは企業や商品のPR活動に用いられることがほとんどです。そのお手軽さから導入していない企業やお店の方が少ないでしょう。amazonや楽天などで買い物をするとメルマガへの登録を勧められます。こうしてメルマガに登録した購入者に対して広告を打ち、リピーターとして獲得するという戦術です。

 

メルマガ
メルマガとは、メールマガジンの略称で、発信者がメールを利用して定期的に情報を配信するものです。メールを受取りたい場合には、メールアドレスなどを登録することで購読者になることができます。企業が発行するものや個人が発行するものなどがあり、内容もさまざまなものがあります。無料のものも多数ありますが、中には有料のものもあります。発信する側は、購読料を受け取れるだけでなく、商品やサービスをアピールできるメリットがあります。購読者にとっても、有益な情報を得ることができる便利なものです。

 

モバイル
モバイル機器の通信に関しても、持ち運びが出来る物でカフェなどでパソコン作業を行っている人も良く見かけます。そこを考えて小型の機器もルーターを持っていってインターネットの環境を作ったり、SIMカードを挿してそこで低料金の通信を行うなどインターネットを色々な所で行える事も十分に考えられる所となります。より良い形で対応していけば、まずはも機器の利用もそれぞれに考えて通信も安くする工夫が今後では考えられます。

 

ユーザーインターフェース
ユーザーインターフェースとは、コンピューターシステムやコンピュータープログラムと人間との間で情報のやり取りをするための方法、操作、表示といった仕組みの総称のことを言います。大きく分けて、文字ベースのものとグラフィックベースのものがあります。OSの評価を左右する大きなものであるため、重要なものです。グラフィックベーのものはWindowsやMacOSなどがあります。文字ベースのものは、MS-DOSなどがあります。

 

リスティング
リスティングとは、大手検索エンジンや有名サイトに広告を掲載することで製品やサービスのPRを行うことです。アクセス数の多いサイトに広告を掲載することで認知度を高め、商品紹介ぺージまで誘導することがねらいです。広告掲載費用は、サイトによって金額や形態が異なります。クリック数によるタイプや成約数や金額によるタイプなどさまざまです。比較的低コストで広告が掲載できるメリットやターゲットにダイレクトにアピールできるメリットがあります。

 

リスティング広告
リスティング広告はインターネットサイト閲覧時の検索やクリック箇所に応じて閲覧者の志向や欲求を推察してそれに応じた広告を表示させる手法で、マス媒体に比べて的を絞った広告の表示を可能にできると共に、関連性を場させることができるため、成約率等をそれに比例させて向上させられる手法です。簡単な例で説明すると、小学校入学式の男児の服装についての検索を行った者に対して、子供用ブレザーの広告を表示を行うようなもので、この例ですと、この検索者は子孫等や身内に小学校新入学一年生男児がいると想定できるのであって、マス媒体の様に幼児やお年寄りに先に紹介した様な品物のコマーシャルを見せること以上に効果が大きくなります。

 

リダイレクト
リダイレクトとはサイトにアクセスしたユーザーを最初にアクセスしようとしたURLとは違うURLへ移動させることを指します。
正しい使用方法はサイトの移転に伴い、過去のURLを知っているユーザーにはそのままこの機能を通じて現在のサイトへ来てもらうこと等なのですが
迷惑サイト等になると、クリック先のURLとは全く無関係な有害サイトやスパムサイトへ移動させパソコンをウイルス感染させようと企んだりしていますので注意が必要です。

 

リロード
リロードとは、コンピューターのソフトウェアがデータを読み込み直すことを言います。主にパソコンやタブレット、スマートフォンのWebブラウザーの動きに対して呼ばれることが多いです。
このような動作にはWebブラウザーのメニューやボタンを使って手動で操作する場合と、Webページを構成するHTMLタグやJavaScriptで自動的に処理が行われる場合があります。何度も繰り返すとサーバに負担が掛かる場合があります。

 

リンク
初めてPCをいじっていて驚いた事と云ったら”リンク”が使用出来る事だったのではないでしょうか、この機能が無かったらPCはただのタイプライターだったのでは。
もちろん自分の表現の視界内のみで表現しても良いのですが...現場で直ぐに他との比較検索が出来ると云う点は”IT”が見せてくれた魅力ある力でした、仕事力のスピード化でした。
PCを使うとその場が全世界と一つに?がると云うその驚異が今の時代が革新なった姿だったのではないでしょうか。

 

 

リンクコード
リンクコードとはアフィリエイトサービスについてアフィリエイトプログラムから生成される英数字記号で記述された文字列を指します。
別名、アフィリエイトタグとも呼ばれています。

 

アフィリエイターはこのコードを自分のWebページやブログに貼り付けて広告をWebの世界に展開します。
このコードはアフィリエイトの判別情報として扱われているので内容をアフィリエイターが改変する事は
一部、または全部を認めていない場合があるので、改変をする場合は規約を見てから行う事が無難です。

 

リンクコード改変
リンクコード改変とはアフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)から配布されている
リンクコードをアフィリエイター(広告を作成するユーザー)が自分で書き換える事です。

 

一般的にリンクコードはアフィリエイトサービスのシステムから自動生成されるため、テキストの内容を改変することはアフィリエイトサービスの規約によって一部または全部を禁止されている事が多いです。
例外的に商品コードの画像サイズ等を変更する等を許容している場合もありますので、利用しているアフィリエイトサービスの規約を確認する事が大切です。

 

レンタルサーバ
レンタルサーバとはその名の通り、サーバを貸し出してくれるサービスのことです。日本でも数多くの企業がサーバを貸し出しています。
サーバの種類にも色々あり、無料で提供しているサーバもあれば有料で提供しているサーバもあります。もちろん有料のサーバの方が高性能ですが、初心者の方には若干ハードルが高いことも事実です。
もしこれからサーバを借りてブログやホームページを開設したいとお考えなら、まずは無料のサーバを借りて慣れてきたら有料に挑戦するのがいいです。

 

景表法
景表法とは、商品やサービスの価格や質、内容を偽って表示することを取り締まるための法律で、「不当景品類及び不当表示防止法」が正式な名称です。
価格や品質は、消費者が購買を決定する重要な要素となります。例えば、原材料の原産地、内容量を構成する原材料の割合などがあり、対象となるのは店頭に並ぶ商品の他に、カタログやパンフレット、インターネット上の記載も含まれます。
万一、そこに偽りの説明や誇大表示があれば、消費者の購買意欲を不当に煽り、購買後に消費者が不利益を受けることになります。それを防止するための法律です。

 

景品表示法
「景品表示法」とは消費者に誤解を与えるような表示をしている商品やサービスから消費者を守るための法律で、大きく分けて2つあります。
ひとつが不当な表示の禁止です。うそや大げさな表現から消費者を守るもので、例えば絶対に痩せるというダイエット食品やガンが治るという健康食品などが挙げられます。
もうひとつが過大な景品の提供の禁止です。これは過剰な景品に惑わされて本来の対価に合わないような商品やサービスを購入しないように消費者を守るためにあります。例えば果汁100%でないのに果汁100%と表示した飲料を販売することです。

 

検索エンジン
インターネット上には、様々な種類の検索エンジンが存在しています。これは、自分が探したい言葉を入力して、その情報を探すものになります。数年前から、入力する言葉を予想して行う検索も益々進められています。見たことがあるという人も多く、今後も機能が強化していくと思われます。さらに、一年間でどの言葉が最も検索されたかということも、ランキングになっています。そのため、注目が高まるものとしても有名だと言えます。

 

検索連動型広告
検索連動型広告とは、WEB広告の一種です。
ユーザーが一度検索した特定の物やサービスをそのユーザーが興味があると判断し、常にそのユーザーが目に入るように追尾型的に広告を表示させます。
そのためこの広告は、すでにユーザーのニーズがあるものに対して効果的です。テキスト広告が主体となっているので、関連するワードで多様することで他の広告と差別化しユーザーに訴求することが可能です。
例えば、ユーザーが「便利グッズ」「料理」という検索ワードを検索すると、「誰でも簡単に美味しい料理のできる便利グッズ」の広告を表示させることが可能です。

 

商品リンク
商品リンクとはアフィリエイトのプログラムにおいて、広告主サイト上の特定の商品画像や商品説明文をカスタマイズして、そのリンクを広告媒体者のWebサイト上に掲載できる広告形式です。

 

バナー型の広告と違い、特定の商品に対してダイレクトにリンクを張る事ができるため閲覧者の購入への手間も
かからないメリットがあります。
多くのアフィリエイトサイトでは、簡単に作成できるツールや専用のページがありHTMLタグなども
自動生成してくれるため広告媒体者にとっても扱いやすい広告形式です。

 

商品個別
商品サービスに個別に設定された、アフィリエイトの成果報酬のことを、商品個別報酬と言います。
報酬の設定方法は、多くの場合、売上報酬か定額報酬、またはそれらを複合した設定になります。
売り上げの何パーセント、という条件や、初回商品購入時に、定額何円、という成果条件などです。
このように、設定の方法は様々ですが、商品サービスに対してアフィリエイトの成果報酬が発生する状態を総称して、商品サービス個別の報酬と言います。

 

設定ファイル
設定ファイルとは一般に、アプリケーションやOSのカスタマイズ内容を記録しておくためのファイルのこと。内容は可視的なテキストファイルであったり専用のツールでないと読み込みができないバイナリファイルであったりする。
ファイルの特徴としては.cfgや.sysなどの拡張子を持つものが多いが、Windowsのレジストリファイルのように必ずしも.cfgを持つとは限らない。また、UNIX系OSでは歴史的経緯からテキストファイルであることが好まれる。

 

属性型JPドメイン名
属性型JPドメイン名とはJPRSが管理しているドメイン形態の一つでCO.JP(企業)やAC.JP(大学等)などの組織・団体の種別ごとに区別されたドメイン名のことです。
一つの組織で一つのドメイン名が登録できます。
申請した組織・団体が使用できるドメインの形態は以下の通りです。
CO.JP、OR.JP、AC.JP、NE.JP、AD.JP、ED.JP、GO.JP、GR.JP、LG.JPの9つで組織・団体の役割に応じて発行されます。

 

地域型JPドメイン名
地域型JPドメイン名というのは、末尾が.jpで終わるドメイン名(JPドメイン)の内、都道府県名や市町村名を含むドメイン名である。一般の個人や組織が登録できる「一般地域型ドメイン名」と自治体など地方公共団体が登録できる「地方公共団体ドメイン」の2種類が存在する。
原則としてセカンドレベルドメインに都道府県名、政令指定都市名、サードレベルドメインが市区町村名、フォースレベルドメインに組織名が配置される。

 

通信プロトコル
通信プロトコルはネットワーク上にデータを流す際の規則を指します。プロトコルにはSMTP、HTTP、FTP等があり、多くのネットワーク通信で利用されています。代表的なプロトコルはRFC規格に準拠しており、一定の規則があります。プロトコルを利用するユーザはRFC規格の内容を十分確認しながら、アプリケーションを作成する必要があります。例えば、ブラウザを使ってWebページを参照する際には、ブラウザとサーバ間は、HTTPというプロトコルに準拠した形で通信を行っています。

 

通信販売
通信販売といえば一昔前向きはカタログをや新聞広告を見て商品を選ぶという方法やテレビやラジオ番組で商品を販売するテレビ・ラジオショッピングなどが一般的でした。
しかし最近はケーブルテレビなどで専門チャンネルがあったり、アマゾンや楽天市場などに見られるネットショッピングも随分普及してきたのです。また一昔前は定価かちょっと高めの値段設定であることが多かったのですが、最近は半額セールも行われるようになるなど競争率が高まっているので、顧客獲得のために様々なサービス合戦を繰り広げているのです。

 

定額報酬
定額報酬に関して、条件を設定して売り上げに対しての報酬をもらえるなど、インターネットを活用する事で、広告宣伝などをブログに張ったりする事で得られるアフィリエイトでの商売に関しても、こうした広告料金で定額に報酬を受け取る事も契約をする流れで行なわれる事もあります。こう言った人気の高いブログなどを行なっている所としては、企業スポンサーもある程度そう言った所を見越して取引を行い定額での報酬支払いも検討していけます。

 

提携承認
クリック一発で訴求する商品を、興味を持つ人々にPRできるのがWEB広告です。あまねく人々に宣伝するよりも、ピンポイントに、ダイレクトに伝えることができるのです。
そんな魅力あるPR方法を、企業は採用します。ある商品を売り込みたい企業は、関連性が深いホームページがあるなら広告を掲載したいと思うでしょう。
この関連性があるホームページの所有者もページを有意義に利用してもらいたいと考えるかもしれません。そのとき、企業とホームページ所有者との間に、広告提携を仲介する企業が存在します。ここで契約を双方で確認しあい、提携承認されれば、お互いの思惑が一致し広告が掲載されます。

 

 

提携申請
提携申請とはアフィリエイトにおいて広告主(企業)に対して広告媒体者(アフィリエイター)が
その企業の広告を自分のWebサイト等に貼り付けて良いかを申請する仕組みのことを指します。

 

アフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)は広告媒体者のWebサイト等を審査し、その内容が広告主のニーズとマッチしているかを判断します。
申請が通れば提携承認され、広告を貼り付けることが可能となります。否認された場合は出来ません。

 

独自ドメイン
独自ドメインとは、「gmail」「yahoo」などといった既に存在しているITサービスの会社が提供しているドメインとは違い、個人のオリジナル性を出すことができるドメインのことであり、ホームページの所有者が自分で決めることができるドメインのことです。また、独自のドメインを取得することによって、ウェブサイトの信認性がかなり高まるとも言われています。検索エンジンでの上位表示にもつながることがあると言われています。

 

日本語ドメイン名
日本語ドメイン名とはその名の通りドメイン名を日本語で登録することを指します。
通常、ドメインは英語で登録されることが多いのですが、汎用JPドメインと都道府県JPドメインに対しては日本語表記(ひらがな、カタカナ、日本語漢字)が可能です。
例:domainname.jp→ドメイン名称.jp

 

メリットとしては「覚えやすさ」「分かりやすさ」が英語表記よりも優れており、特に中高年のインターネット利用者に指示されています。

 

売上報酬
売上報酬とは、売上金額に比例して成果報酬が支給される制度のことで、広い分野で使用されます。営業成績に対するインセンティブが良い例です。
例えば、アフィリエイトに関して言えば、ウェブサイトを閲覧した人が商品を購入した場合、商品の販売主がウェブサイトの運営会社に対して、購入金額に対する定率で報酬が支払われる契約の仕組みです。
一方、購入金額ではなく、購入件数に対して報酬が支払われる場合を定額報酬と言います。

 

汎用JPドメイン名
汎用JPドメイン名とは、2001年に導入された新型のドメイン名のことで、「<名前> .jp」という従来より短い形式になっています。<名前>の部分には英文字だけでなく、日本語の文字(ひらがな・カタカナ・漢字)も使えます。
この新しいタイプのドメイン名は、日本国内に住所がありさえすれば、組織・個人・団体のいずれも登録できます。また1組織に原則1個と定められていた従来型のドメイン名と異なり、登録数の制限がありません。また登録名義の変更(すなわちドメイン名の移転)も可能になっています。
尚、汎用ドメイン名導入後も、「co.jp」や「ne.jp」といった既存のドメインの運用はこれまで通り行われています。

 

被リンク
被リンクとは外部のWebサイトやWebページからリンクを張ってもらうことを表します。

 

2013年くらいまでの検索エンジンは、多方面からリンクされたWebページは存在価値が高いと
判断し検索結果の上位にランキングさせていましたが、これを悪用して単なるリンクだけの踏み台ページを量産したり隠しリンクを埋め込んだ関係性の少ないWebページを上位にランキングさせたりとスパム行為が目立ちました。
2014年頃から検索エンジンはアルゴリズムを進化させ「正確で早い」Webサイトを評価するようになってきた為、このリンクを張って貰う作業の乱用は逆にWebサイトの価値を下げることになってしまうので注意が必要です。

 

不当景品類及び不当表示防止法
商品やサービスを提供する際に、実際の品質や価格を偽ったり、不十分な説明によって、消費者が不利益を被ることを阻止する法律が不当景品類及び不当表示防止法です。
例えば、国産の食品を国産有名ブランドと誇大表示したり、天然果汁100%と表示したが、実際には70%であるなどが該当します。消費者が購入にあたって重要な判断基準となる内容に関して、誇大あるいは偽りが表示されることで、消費者が誤認識して購入すれば、不利益の発生する危険性があるので、同法律が禁止しています。

 

埋め込み
サイトやブログで使われている画像はリンク方式と埋め込み方式があります。分かりやすく言えば画像の部分を踏むことで画像のプレビューなどのリンク先に飛ぶのが、そうでないかの違いとなるのです。

 

一般的にはリンク配置の方が利用頻度が多く、メリットが多いと言われています。理由としては画像の変更や差し替えが簡単に操作できることです。また画像の情報がデータとは分けられていることで容量が軽くなり、作業の動作に時間がかかることはありません。

 

デメリットとしてはファイルが別になることでリンク切れが起こる可能性があります。こうした点を踏まえると、片方だけに拘らず画像方式を使い分けてサイトを構築する方が望ましいと言えます。

 

埋め込む
本人であるかどうかを確かめる為にデンマークにおいてある企業では従業員の生体にチップを埋めるという方法が取られているようです。
この人体を傷付けるこのような方法を取らなくても指紋や声紋、目の虹彩などでも認証できることは現在では世界中でも知られています。そしてカード認証と兼ねて使用することで殆どの場合には事足りると思われるのです。
宇宙人が追跡調査の為に地球人の人体の一部にチップを埋め込むという話を聞いたことがありますが、地球では果たして一番進んだ方法なのかという疑問があります。地球においてはそれに代わる技術も開発され敢えてその方法を取るのは問題とする意見も多いものです。

  • 2014/01/08 09:32:08
  • 初心者のための用語集