• 案件ヤルヤル君がどういう影響を及ぼすのか、ASP、広告主にかける負担。簡単にやるといってはいけない理由。

案件ヤルヤル君はやめよう!

 

どもLFMマニアです^^

 

ひさびさの投稿になってしまいました
ただ今回結構ナイーブな問題を含んでおりますので心して読んでください。

 

 

僕も今までも結構不義理をしてしまったこともありますし、ASPさんに申し訳ないことをしてしまったこと、多々あります。
それが「やるやる詐欺」になります。

 

というのも懇親会で、ASPさんにお願いされ、そのサイトをうかつに作るといってしまうと大変まずいことになります。

 

というのも広告主として現在うちも出稿しておいてメディアさんに集客のお手伝いをお願いしておりますが、「やります。がんばります。」と言ったのに、いつまでたってもやってくれないような方をいるからです。

 

 

そうなってしまいますと当然その人はそういう人なんだな、という形で信用を落としますし、僕自身もそうなってしまったこと、たくさんあるので、本当に申し訳なかったなということたくさんあります。

 

 

こうならないための解決策

 

こうならないための解決策としては簡単ですが、

 

・うかつに「やります」という返事をしない
・ASPさんから頼まれた時にちょっとお茶を濁して検討すると返事する
・ASPさんはどうしても飲み屋でごちそうしてくれる等々あるので、そこはきっちり自分の飲み代は自分で払って自分に落ち度をつけない

 

等々必要かなと思います

 

というのもうちも広告主としてサイト作成サービスを現在アフィBさん、レントラさん、クロスパートナーズさんで出稿させていただいておりますが、お願いしていた方が動いてくれない場合などあるとこちらの売上状況にも響いてしまいますし、お願いしていたスケジュール通りに進まないともろもろが崩れてきてしまって、

 

結局いつ訴求してくれるの?いつアップしてくれるの??

 

ってことになります

 

なので、そうならないためにはうかつに返事をしない。やれないものはやれないという断る勇気を持ちましょう。
と自分自身への戒めのためにも投稿しておきます。

 

ちなみに某会社の社長は断り方がさすがだなーと思ったのですが、ASPさんからお願いされた時に「あ、うちの担当に聞いてみてください〜僕そこの権限ないので^^;」って軽くいなすように逃げていました^^;

 

さすがだなと思いました。

 

 

  • 案件ヤルヤル君がどういう影響を及ぼすのか、ASP、広告主にかける負担。簡単にやるといってはいけない理由。