• 「ご登録情報修正のお願い」が到着した場合の対処法

「ご登録情報修正のお願い」が到着した場合の対処法

つい先日なのですが、よく使っているレジストラのバリュードメインからこんなタイトルのメールが到着しました。

 

【重要】[バリュードメイン] ご登録情報修正のお願い **********.com ←ドメイン名

 

「ご登録情報修正のお願い」が到着した場合の対処法

 

内容を読んでみますと、

 

 

ドメイン名..................:**********.com

 

お客様ご登録の上記ドメイン名におきまして、ドメインの各担当者情報に設定
されている情報に不備がございます。

 

下記対応期限までにドメインWhois情報が正確な情報へ修正されていない場合、
当該ドメイン名に対して利用制限を行わせていただきますので、早急に内容を
ご確認いただきご対応をお願いいたします。

 

●ご対応期限●

 

対応期限: 2016年07月05日 12:00

 

※Whois情報代理公開サービスなどを設定されている場合においても、
  お客様ご自身の情報は正確な情報でご登録いただく必要がございます。

 

※制限完了後は当該ドメイン名でのメール送受信・ホームページの表示が
 行えなくなります。

 

■情報不備のご内容■ ※主な一例です

 

・ご登録住所に番地の記載がない、または番地の記載しかない
・ご登録住所が英語表記の規定通りではない
※英語表記の住所では、住所の先頭は番地となります。
・電話番号が明らかに不正である。(例:999999999 01-0000-0000 など)

 

というようなことが書いてありました。

 

どうやらどこかのwhois情報が間違っていたようで、このままですと正確ではないので、サイトの方を表示できなくするぞ!ということになります。実は僕は1年ほど前にも確かこの注意が他のドメインでも来たことがあって、その時はほっといてしまって大変なことになりました。

 

この注意に関してネットで調べてみると、お名前.comやムームードメインなどの他のレジストラでも当然メールは来るようで、この注意を見逃してしまいますと、本当にサイトの方が見えなくなってしまうので、大変です。
うちは去年一気に400個ぐらいのドメインが見れなくなってしまって、最初は原因もわからなかったので、丸半日ほど復旧にかかってしまい結構な損失を出してしまったことがあります汗

 

なので、そういうことのないように修正についてはしっかり勉強をしておきましょう。

 

修正点は2つ

 

修正点は2つのみで、

 

・ユーザー情報の登録修正
・WHOIS情報の更新

 

この2つのみとなります。まず、該当ドメインのwhois情報をみて、ユーザー情報を修正し、すべて埋めるようにしましょう。めんどくさいのですが、英語表記の部分などがよく多い間違えとなっているようです。そして修正した後は、WHOIS情報を更新するようにしましょう。

 

こちらを更新していないと結局は意味がなく、更新は絶対しなければなりません。
これで修正がOK、大丈夫であれば、1日おきに来る警告メールが来なくなるということらしいです。

 

サイトが表示されなくなってしまうとアフィリエイトの報酬自体も当然失うことになってしまうので気をつけるようにしましょう。

 

  • 「ご登録情報修正のお願い」が到着した場合の対処法