• 優良な記事を書くためにLFMマニアがやっていること

優良な記事を書くためにやっていること

こんにちは^^もうすっかり秋ですね、今日から10月ということで残り3か月。本当に1年あっという間な感じがします。

 

今回は”優良な記事を書くためにLFMマニアがやっていること”と題して記事を書きたいと思います。
もういろんなセミナーなどでも言われて久しいですが、とにかくグーグルもそういう方向になっていますし、これからの時代ユーザーにとって本当に優良な記事や有益な情報を書いていかないと残っていけない時代になりました。
とはいえこれはアフィリエイター的な考え方であって、そもそも本当にユーザーにとっていいサイトにしたいと思ったら有益な情報を書くとか載せるとかいう意識ではなく、当たり前のことだと思うんですけどね^^;;

 

一応今回は、僕が特定のキーワードで上位化などを目指す時にどのようにやっているかについて解説をしたいと思います。
今回はたまたま「アフィリエイト」ってyahooで検索していた時に見つけたサジェストで「アフィリエイト成功者」というものがありましたのでそのキーワードで上位表示をしたいなと思った時にどのような思考や手順で記事を追加していくのかということについて記載したいと思います。

 

「アフィリエイト成功者」で上位化を目指す!

優良な記事を書くためにLFMマニアがやっていること

 

まず今回はたまたまyahooで「アフィリエイト」って検索していた時に見つけたサジェストで「アフィリエイト成功者」というものがあったので、そのキーワードでじゃあどんな記事を書けばいいかな〜と思った時の手順です。
この時の狙っていく時のキーワードは人それぞれですし、キーワードの大きさ、検索数などによってはすぐに結果に反映されることはないのかもしれませんが、今回の場合であればそもそも「アフィリエイト成功者」という言葉はそこまで大きいキーワードでもなく、サジェストだったので、翌日には15位に入りました。

 

「アフィリエイト成功者」で上位化しているサイトをとりあえず見る!

優良な記事を書くためにLFMマニアがやっていること

 

まず最初にやることはその狙っていくキーワードで、今現在どのようなサイトが上位化しているのかを見ます。(画像ではPPCになっちゃっているのですが、PPCではなくSEOの部分を見ます。)
とにもかくにもその狙っているキーワードで現在どのようなサイトが上位化しているのか、それはどのような内容のページなのか、サイトなのか、1〜20位までは見るようにしています。この他サイトを見るということによって、「はは〜ん、大体こういうこと書けばいいのか〜」とか、「上位化しているサイトには共通してこういうキーワードが多そうだ」などという着想を得ることができます。
いきなり自分なりに記事を書いてしまっても当然いいのですが、この他サイトを見るということによって、どんな内容を書けばいいのか、そのキーワードで検索するユーザーはどういう内容を知りたがっているのか、をおおざっぱにでも把握することができます。

 

当然ユーザー向けの優良な記事を書くということを目的にしていますので、ユーザーが知りたがっているような情報や、その一歩上のコンテンツを提供しないことにはユーザーにそっぽを向かれてしまいますので、まずは、コンテンツの制作の第一歩としてユーザーがどのような情報を欲しがっているのか、ということをリサーチすることは非常に大事な第一歩になります。

 

サジェストツールでサジェストを出してみる

優良な記事を書くためにLFMマニアがやっていること

 

大体のリサーチが終わったら、次にサジェストツールでサジェストを出してみるようにしています。この時に僕がよく使っているツールは「related-keywords」というツールで無料で使用できます。
時々エラーになっちゃうこともあるのですが、結構サクサク動くので便利です。
今回の場合ですと「アフィリエイト成功者」というキーワードでまずは1回検索をしてみます。

 

優良な記事を書くためにLFMマニアがやっていること

 

検索の結果が少ないような場合には似たようなキーワードでも検索してみます。今回の場合ですと、「アフィリエイト成功」「アフィリエイト失敗」とかですね。類似語や、似ているような意味のキーワードでも一応検索してみます。

 

PPCで検索ボリュームを調べてみる

優良な記事を書くためにLFMマニアがやっていること

 

で、そうしてサジェストツールで出したキーワードをメモ帳か何かにメモっておいて、僕は、そのキーワード全部をPPC(yahooプロモーション広告)のキーワードアドバイスツールで、一応検索ボリュームを見るようにしています。これは大体の検索数の把握といいますか、大体どんなキーワードが多く検索されているのかなあというような参考程度なのですが、「完全一致」「拡張しない」を選択して、サジェストツールで出てきたキーワードが大体どんな検索ボリュームなのか、を調べるようにしています。

 

優良な記事を書くためにLFMマニアがやっていること

 

今回の場合は、最初の狙っていくキーワード自体があまりいいワードでもないので、あまり大した結果は得られませんでしたが、ここで検索数の多いキーワードを見つけ、それをミエルカにかけるようにしています。

 

ミエルカで共起語をあぶりだす

 

優良な記事を書くためにLFMマニアがやっていること

 

そうしたら今度はコンテンツを制作していくことになるのですが、ここで、コンテンツ自体にどのようなキーワード、共起語をいれたらいいかをざっと把握するためにミエルカにさっきのキーワードをいれるようにしています。
ミエルカについてはこちら

 

ミエルカはファベルカンパニーさんの有料ツールなので別途契約が必要になってきますが、ミエルカ契約していないよーという人はこういった無料のツールでも問題ないと思います。

 

http://neoinspire.net/cooccur/
http://a-rooms.com/lsi/

 

こういうところで共起語調べてみます。

 

コンテンツを書く

 

で、上記のような大体のリサーチが終わったらあとは記事を書いていくのみとなります。ここで大事なのはユーザーがどんなことを求め、そのキーワードで検索をしているのか。どういうことを書いてあげればその欲求に答えられるのか、ということを考えながらコンテンツを書いていくということだと思います。

 

実際に書いた記事がこちら

で、実際に上のようにして書いた記事がこちらになります。
アフィリエイト 成功者って?成功するための秘訣とは?

 

まあ正直今回の場合、そこまで共起語とか意識して書いたわけではないのですが、それでもユーザーが求めているようなことはこんなことだろうな〜ということを意識しながら記事の作成をしておいて、翌日あたりにGRCで順位をみてみると、、

 

早ければ翌日にも反映されてくる

 

優良な記事を書くためにLFMマニアがやっていること

 

早ければ翌日にでも反映されるような具合になります。(記事作成は9月29日ぐらい)
今回の場合はそもそも狙っていったキーワードがサジェストのキーワードで、そこまで大きなキーワードでもないので、翌日にインデックスされ、15位に入ったということになりますが、いい記事など提供できていれば結構すぐにグーグルが認識してくれ、結果に現れるようになってきます。

 

まとめ

 

大体の記事コンテンツの作成手順はおわかりになったでしょうか。もちろんこれよりももっともっとリサーチの必要なキーワードも当然ありますし、場合によっては

 

・図書館に行って本を読む
・アマゾンで関連する資料を集める
・インタビューで取材をする
・実際に自分が体験してみる

 

というようなこともしますが、根本的にはここで書いたようなことでリサーチをして、記事の作成などをしています。重要なのはユーザーが何を求めて、どんなことを知りたがっているのか。どういうことを書けばユーザーにそっぽを向かれずに読んでもらえるのか。ということを意識して記事を作成していくことだと思います。

 

みなさんの記事作成のための参考になれば幸いです!

  • 優良な記事を書くためにLFMマニアがやっていること