• googleのクオリティレイターさんに偶然会った話

クオリティレイターさんに偶然会った話

すっかりもう東京は秋めいてしまって、気づけば2015年ももう9月になりますね。こんにちは!LFMマニアです。
みなさん最近はアフィリエイト順調でしょうか?今回は本当にたまたまなのですが、飲み会で出会った女性が、googleのクオリティレイターさんだったというお話をしたいと思います。

 

そもそもこのgoogleのクオリティレイター、僕が存在を知ったのはたしか春ごろのファベルカンパニーさんでの古澤さんのお話でした。知らない方もいらっしゃると思うので、簡単にgoogleのクオリティレイターというものを説明しておくと(そこまで僕も詳しくないのですが)

 

・主にサイトの品質をチェックする

 

というのが主な仕事になっているようです。
詳しくはここに書けないこともあるのですが、その方がしきりに言っていたのが、病気に関することや、キャッシングなどの金融情報についてはしっかりとして根拠に基づいてサイト内に記載しないと全国にいるクオリティレイターさんによって評価されてしまうということを言っていました。

 

本来であればこのような情報は出してはいけないのかもしれませんし、その方もどこまで話していいのかということを迷っていたようですが、その他にも結構いい情報を教えてくれました。

 

googleのクオリティレイターさんは、現在は募集をそもそもしているのかどうかわからないのですが、昔はライオンブリッジ社というgoogleが委託しているような会社から募集をかけ、100人とかで合格した方を採用していたようです。

 

googleはではクオリティレイターさんにどのようなことをお願いしていたのでしょうか?

 

それは、googleの品質ガイドラインに対して、google側がサイトを表示し、そのサイトは、キーワードに対する

 

・検索意図に一致していますか?
・ページの品質としてはどうですか?

 

ということを判断させるというような仕事のようです。そしてgoogleはそれ自体の結果をまとめ、機械学習(マシンラーニング)させ、検索結果に反映をさせるというようなことをしているみたいです。

 

要は検索の順位付けにおいて人間の手でないと判断できないところを人間の手によって判断し、その結果をフィードバックし、検索エンジンにとりいれているというようなことになります。

  • googleのクオリティレイターさんに偶然会った話