• 今流行の共起語でSEOは上がるの?サジェストとの違いは?

今流行の共起語でSEOは上がるの?

こんにちは^^LFMマニアです

 

今日は”今流行の共起語でSEOは上がるの?サジェストとの違いは?”ということで記事を書きたいと思います。
今アフィリエイト業界では、コンテンツの時代だ!ユーザーにとっていい記事を書くことがなによりも重要だ!というような流れが来ています。私の出ているセミナーなどでもほとんどがコンテンツによったSEOなどのお話をされますし、バックリンクでがんがんSEOをやっていきましょうというような話はここ最近本当に少なくなりました。

 

その上で注目を浴びているといいますか、抑えるべきポイントとしてあげられる最大の1つが共起語になります。
この共起語、そもそもの意味は、

 

共起(きょうき)とは、ある単語がある文章中に出たとき、その文章中に別の限られた単語が頻繁に出現すること。日本語の例では「崩御する」と
いう単語に「天皇が」という言葉が多く用いられることや、単に他動詞には「を」が、「行く」には目的地を示す「に」が頻出することが挙げられる。

 

というように出てきます。
つまり、ファベルカンパニーの鈴木さんがよく例と出されるものとして解説をすると、パスタということについての記事を書くときには、そこの記事の文章の中には「ミートソース」や、「カルボナーラ」あるいは、パスタを食べる時の「フォーク」というような言葉が出てくることが自然で、そこに「箸」とか、「ナイフ」というような言葉はあまり自然に出てくるものではないということになるというころです。

 

つまり、共起語とは、そのメインの言葉に対して自然と記事内に出てくるような近しいキーワード、テーマに対して出てくるべきであろう言葉という意味合いになります。
ではなぜ今アフィリエイトのサイトを作る時に共起語というものが大事になってきているかというと、単純にサイトの評価をしSEOの順位付けをするgoogle側がそういった共起語の要素の理解が進んできて、重要視するようになってきたということがあるからだと思います。

 

これは今に限ったことではないのですが、単純にgoogleの技術があがり、そういうことも深く認識できるようになったという風に理解しとけば十分だと思います。

 

で、そうなってくるとアフィリサイトであってもただ単純にキーワードを詰め込んだサイトで、上位表示ができるわけではなく、

 

 

で、そういった研究をしてくれているのがファベルカンパニーさんになります。ファベルカンパニーの古澤さんについてはこちらで記載していますが、
Faber Company社古澤暢央さんてどんな人?

 

そもそも古澤さん自身がスーパーアフィリエイターで、SEOの理解をより深く研究している方で、その古澤さんたちが最近開発しているツールがミエルカになります

 

 

 

  • 2015/09/05 07:58:05
  • 今流行の共起語でSEOは上がるの?サジェストとの違いは?